%25E3%2581%25B5%25E3%2581%2581%25E3%2583
  • Instagram
ごはん
毎日の食卓へ。
稲穂
inaho_edited.png
こだわりのお米を、
 
 
ふぁーむふくた代表_福田明
ごあいさつ

ごあいさつ

国府町に18ヘクタールの田んぼを所有し、コシヒカリを中心に生産。

こだわりの美味しい米を地域の方に毎日食べてもらいたい。

両親や農家の方などにいろいろと教えていただき、就農してから12年経ちますが、 現在、コシヒカリを中心に、星空舞、きぬむすめ、ハクトモチを作っています。

 

みなさんが普段食べている米には、それぞれ味や特徴があります。 食文化の多様性もあり、若い人の米離れが進んでいますが、美味しい米を多くの 方に食べてもらいたいですね。

 

18ヘクタールの田んぼで作っている米はどれも安心安全で「食味」にこだわった 自信作で個人の方、業者の方に農家直販もしております。 今後はネット販売も予定していますよ。

 

私が住んでいる国府は種子農家としても知られています。 農家の伝統を守りながら、新しいことにも挑戦し、「食」を通して地域を元気にしたいと思います。

 
生産品種
accent_01.png

生産品種

コシヒカリ

コシヒカリ

「おいしいお米の代名詞」「お米の王様」と呼ばれる、日本人なら誰もが聞いたこと のあるお米。コシヒカリの味の最大の特徴は、ふっくらもっちりとした粘り気と、 強い旨みです。みずみずしいお米はひと粒ひと粒が光り輝き、炊きあがりの美しさも ピカイチ。

きぬむすめ

きぬむすめ

近年の温暖化により、お米の品質の低下が悩まされております。そんな中、きぬむすめは高温に強く、作りやすい品種です。
米粒の大きさは中粒で、お米の特徴としては、とても白く艶やかな炊きあがり、粘りが強く、やや柔らかめの食感となります。コシヒカリと比較すると淡白であっさりした飽きのこない味です。

星空舞

星空舞

鳥取県が20年もの月日をかけ、2019年本格的にデビューした鳥取県のオリジナル ブランド米です。夏の猛暑にも負けない品種を目指して、コシヒカリの子孫にあたる 「ゆめそらら」を5年間かけて交配し、コシヒカリのおいしさはそのままに、倒れにくく 高温に強いお米が誕生しました。お米の特徴としては、やや小粒で透き通っており、 炊きあがりは、ツヤが優れ粒感もしっかりしており、はね返るような食感です。

ひとめぼれ

ひとめぼれ

「コシヒカリ」と「初星(はつぼし)」を掛け合わせ、1981年に宮城県で開発されたお米です。粘りが強く、飽きのこない甘み。「冷めてもおいしい」のが特徴です。 炊き上がりはふっくら、食感はもっちりとしています。また、粘り、甘み、ツヤ、 うま味、香りのトータルバランスに優れていて、ひと言でいえば「オールマイティーな お米」です。ガツンと強い味わいではなく、どちらかというとやさしい味わいなので、 いろいろなおかずに合わせられます。

 
ふぁーむふくた 実りの秋
生産へのこだわり
生産へのこだわり

生産へのこだわり

美味しい米作りのため、旨みと甘みの「食味」へのこだわり。

米は毎年、その年の気候はもちろん、工夫によっても出来が異なります。 年により水や肥料の時期、収穫の時期もすべて違ってくるんです。 常に自然と向き合いながら育てる必要があり、去年のやり方で今年も 同じようにと言うわけにはいかないので、米作りの難しさを痛感 しています。

 

美味しい米作りのため、特に旨みと甘みの「食味」にはこだわって います。 寒暖の差が食味を引き出すので、雨滝の冷たい水を引き込み、ミネラル が豊富な有機海藻エキスの肥料を使用し、化学肥料は極力控えるように しています。また、減農薬に努め、日々厳しく管理しながら大切に 育てています。

 

ぜひ一度、こだわりの米を召し上がってみてください。

 
ブログ

ブログ

ふぁーむふくた 稲穂と青空
ご購入

ご購入

みなさんが普段食べている米には、それぞれ味や特徴があります。食文化の多様性もあり、若い人の米離れが進んでいますが、美味しい米を多くの方に食べてもらいたいですね。
18ヘクタールの田んぼで作っている米はどれも安心安全で「食味」にこだわった自信作で個人の方、業者の方に農家直販、ネット販売をしております。

fukuta_konyu_01.png

​コシヒカリ

10kg:

4,500

fukuta_konyu_04.png

きぬむすめ

10kg:

4,500

fukuta_konyu_03.png

ひとめぼれ

10kg:

4,500